いま問題になっている「糖化」を正しく深く知る

pretty肌を老化させる原因として、紫外線・活性酸素による酸化・乾燥などが指摘されることが多いですが、近年、糖化も原因のひとつとしてクローズアップされるようになりました。糖化とは、血液中に余っている糖分とタンパク質が結びついてAGEs(終末糖化産物)というものが生成されることを言います。

このAGEs、毒性がとても強く蓄積が進むと老化を進める原因になると言われています。よく耳にするコラーゲンという物質ですが、コラーゲンもタンパク質のひとつです。コラーゲンが糖化・変質すると、シワ・たるみ・黄ぐすみの原因になります。特に、見た目の違い(見た目年齢)はAGEsの蓄積の量によって異なると言われており、それは肌の老化だけにとどまらず、身体全体の老化に繋がっています。

動脈硬化やアルツハイマー・骨粗しょう症・白内障など、さまざまな病気を引き起こす原因ともされています。糖化は老化現象の一種なので、年齢を重ねれば誰にでも起こるものですが、日頃の生活習慣の改善などで、少しでも糖化を遅らせることが大切です。

老化を進ませる「糖化」ですが、日頃の生活の中でどのようにすれば、糖化を遅らせ若々しくいられるのでしょうか。まず大切なのは、糖分を摂りすぎないようにすることです。糖自体は必要なものですが、摂りすぎると糖化を促進させる原因になります。具体的にはホットケーキやパンケーキ、炭水化物、ペットボトルなどの清涼飲料水などが挙げられます。

逆に、玄米、カモミール、たまねぎ、キノコ・海藻、食物繊維の多い食べ物全般については糖化の防止に役立ちます。健康管理というと、とかくカロリーばかりを気にする人が多いですが、老化防止を考えるなら、糖化予防に効果のある食事を心掛けることが大切です。

また食べる順番にも気をつけましょう。最初に食物繊維を多く含む野菜やキノコを食べ、次に肉や魚などタンパク質、最後にご飯などの炭水化物を食べることで、急激な血糖値の上昇を抑えることで、糖の吸収を防ぎ、糖化防止に繋がります。さらに、ストレスを溜めないこと、適度な運動をすることも、糖化予防に効果的です。




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です